メールアドレス、パスワード、紹介コードを入力

前から気になっていた仮想通貨(暗号資産)ウォレット「Moonstake (ムーンステーク)」に登録してみました。当ページでは、Moonstakeの登録方法やアカウントを開設するにあたって気づいた点や注意点をまとめています。

早速登録したいという方は、以下をクリックするとMoonstakeのアカウント開設ページに移動します。

Moonstake (ムーンステーク)

Moonstakeの登録方法

以下をクリックして、Moonstakeのアカウント開設ページに移動します。

Moonstake (ムーンステーク)

メールアドレス、パスワード、紹介コードを入力します。設定できるパスワードのルールは以下の通りです。

  • 小文字を1つ以上
  • 大文字を1つ以上
  • 数字を1つ以上
  • 記号を1つ以上
  • 半角10文字以上

私はFirefox (ファイアーフォックス)というブラウザで自動生成し、記号を1つ追加しました。

紹介コードは登録には必須ではないのですが、ゴールド会員・プラチナ会員になるのに必要なので、入力したままにするか、空欄の場合は「LIH3BCOJ6M」をご利用ください。

関連: Moonstake (ムーンステーク)の紹介コードとメリット

メールアドレス、パスワード、紹介コードを入力

国を選択、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「アカウントの作成」をクリックします。

国を選択、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「アカウントの作成」をクリック

登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

登録したメールアドレスに確認メールが届きます

メール内の「Verify email」ボタンをクリックします。

メール内の「Verify email」ボタンをクリック

Moonstakeのログイン画面が表示されます。メールアドレスとアカウントパスワードを入力、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「ログイン」をクリックします。

メールアドレスとアカウントパスワードを入力、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「ログイン」をクリック

初回ログイン時に「Google認証システム」で2段階認証を設定することができます。設定は後でもできるので、私は「スキップ」をクリックしました。

初回ログイン時に「Google認証システム」で2段階認証を設定することができます

ログインするとダッシュボード画面が表示されます。

ログイン後のダッシュボード画面

以上でMoonstakeの登録は完了です。

Moonstake (ムーンステーク)

MoonstakeのKYC

Moonstakeに登録した直後はベーシック会員となります。KYCを登録することでランクを上げることができます。

Moonstakeに登録した直後はベーシック会員

KYC 1

左メニューの「メンバーシップ」をクリックし、「KYC」タブをクリックします。KYC 0はメールアドレスの確認時にクリアしています。

左メニューの「メンバーシップ」をクリックし、「KYC」タブをクリック

「KYC 1」のタブをクリックします。

「KYC 1」のタブをクリック

KYC 1で必要な情報は、個人か法人の選択、氏名、生年月日、国、都市となります。全て入力したら「送信」をクリックします。

全て入力したら「送信」をクリック

KYC 2

私は、続いてKYC 2を行いました。「KYC 2」のタブをクリックします。

「KYC 2」のタブをクリック

KYC 2で必要な情報は、住所、電話番号、身分証明書の番号、身分証明書の写真、利用規約への同意です。私は運転免許証を登録しました。

運転免許証以外でも登録することができます。詳細は、「必須 – アップロードする必要の書類を詳しく理解するには、説明用のPDFファイルをダウンロードしてください」にあるPDFファイルをご覧ください。

KYC 2で必要な情報は、住所、電話番号、身分証明書の番号、身分証明書の写真、利用規約への同意です

KYC 2については、Moonstakeのオペレーターが内容を確認するので、それまで待たなければなりません。確認が完了するとメールで案内が届きます。

KYC 2については、Moonstakeのオペレーターが内容を確認

Moonstake (ムーンステーク)

Moonstakeの会員ランク

Moonstakeでは、レベルアップして会員ランクが上がる事でより多くの利益をゲットすることができます。

Moonstakeの会員ランク

各ランクの特典と登録情報は以下の通りです。

ベーシック

特典

ウォレットの送受信機能
ステーキング

登録情報

KYC 0
メールアドレスの確認
パスワードの設定

シルバー

特典

ベーシック会員 特典
ステーキングバリデーター手数料の1%割引

登録情報

KYC 0
KYC 1
氏名
住まいの国&都市
生年月日

ゴールド

特典

ベーシック会員 特典
ステーキングバリデーター手数料の1%割引
ステーキングユーザーの紹介プログラムへの参加
アフィリエイト報酬の受け取り

登録情報

KYC 0
KYC 1
紹介コードを入力

プラチナ

特典

ベーシック会員 特典
ステーキングバリデーター手数料の5%割引
ステーキングユーザーの紹介プログラムへの参加
プラチナ会員の紹介を行うことで、最大15%の報酬を受け取ることができます。
キャンペーンによる紹介報酬
アフィリエイト報酬の受け取り

登録情報

KYC 0
KYC 1
KYC 2
電話番号
住所
本人確認書類
紹介コードを入力
$100 プラチナ会員費用の支払い

Moonstake (ムーンステーク)

Moonstakeについて

ステーキングできる仮想通貨

Moonstakeでは、2021年10月現在、以下のような仮想通貨をステーキングすることができます。

  • Cardano ADA Shelley
  • Cosmos ATOM
  • Harmony ONE
  • IRISnet IRIS
  • Ontology ONT
  • Tezos XTZ
  • Qtum QTUM
  • Polkadot DOT
  • Centrality CENNZ
  • ORBS ORBS
  • IOST IOST
  • Tron TRX

Moonstake (ムーンステーク)

Moonstakeのキャンペーン

Moonstakeでは不定期にキャンペーンを行っています。

例えば以下の「TRON STAKING対応事前キャンペーン」では、抽選で50名様に総額22,000 TRX をプレゼントというキャンペーンとなっています。

TRX のステーキング対応事前キャンペーンとして開催されました。参加方法は、フォロー、リツイート、ウォレットのダウンロードを行い、Googleフォームに必要事項を記入するだけです。

Moonstakeのツイッターアカウントをフォローしていたのですが、不定期といっても結構キャンペーンを行っているようでした。これがMoonstakeに登録したきっかけでもあります。

キャンペーンに当選して、それを原資にステーキングで放置、なんてちょっと夢がありありますよね。

以上、前から気になっていた仮想通貨(暗号資産)ウォレット「Moonstake (ムーンステーク)」の登録方法やアカウントを開設するにあたって気づいた点や注意点のまとめでした。